WiMAX2+のプロバイダ・MVNOの比較まとめ

WiMAX2+のプロバイダ比較2021

WiMAX2+のプロバイダ・MVNOのキャンペーン情報を比較

WiMAX2+の人気プロバイダの比較情報を分かりやすく一覧表にまとめました。それぞれ、GMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAX、Broad WiMAX、So-net WiMAXの略称です。

GMOBIGLOBEUQBroadSo-net
月額 3,969円4,378円4,268円2,999円3,700円
初期費用 3,300円3,300円3,300円24,043円3,300円
端末代金 0円0円0円0円0円
特典 最大31,000円CB
(2021年10月1日から)
17,000円CBウェブ申し込みで20,743円割引(→初期費用が他社と同様、実質3,300円ということ)上記の月額がキャンペーン価格(1年間)
キャンペーンページ GMOとくとくBB WiMAX2+ BIGLOBE WiMAX2+ UQ WiMAX2+ Broad WiMAX2+ So-net WiMAX2+
※ CB = キャッシュバック ※ 表示は税込金額

月額料金はBroad WiMAXが安いのですが、どこのプロバイダで契約しても発生する事務手数料3,300円に加えて、Broad WiMAXでは20,743円の初期費用がさらに発生します。ただし、この初期費用分20,743円が、ウェブ申し込みで一定の条件を満たす場合に割引となります。なので、他の会社と同様、実質的な初期費用は事務手数料のみの3,300円となります。

Broad WiMAXの場合、他社よりも月額料金が安い分、実質的にキャッシュバックなどの特典がつかないということですね。 これに関しては、ページ後半でトータル料金の試算も掲載しているので参考にしてみて下さい。

どのプロバイダでも共通する部分について

どのプロバイダで契約しても通信サービス自体は同じものを使います。
なので、以下のような項目は基本的に同じ内容となります。

通信速度

WiMAX2+の下り通信速度はどのプロバイダで契約しても、最大220Mbpsと変わりありません。ただし、これはあくまでも理論値なので、実速値はこれよりも低くなります。
利用する場所にもよりますが、基本的に動画サービスなどが問題なく閲覧できるスピードなので通信速度に関しては安心できるサービスです。

LTEオプション

WiMAX2+がつならがらない地域では、WiMAXを利用することができます。
どちらもつながらない地域では、対応端末であればLTEを使うこともできます。これを使うには別途オプション料金の支払いが必要です。

結局、WiMAX2+で最もお得なプロバイダはどこ?

上述の通り、通信サービス自体は同じものを使うので、
あとは月額料金や特典の内容を比較して契約先を決める形になります。

月額料金だけでみると最もお得なのがBroad WiMAXで2,999円です。他のプロバイダは月額4,000円前後ですね。 ただし、Broad WiMAXは他社のようなキャッシュバックなどがないことに注意しましょう。

そして、最も注目すべきは申し込み時の特典です。
最もお得なのが最大31,000円キャッシュバックのGMOとくとくBBです。

月額料金、初期費用、特典を考慮して、GMOとくとくBBとBroad WiMAXをそれぞれ2年間使った場合のトータル料金を比較してみましょう。

GMOとくとくBB を2年間使った場合
月額3,969円 × 24ヶ月 = 95,256円
95,256円 + 3,300円(初期費用) − 31,000円(キャッシュバック) = 67,556円

Broad WiMAX2+を2年間使った場合
月額2,999円 × 24ヶ月 = 71,976円
71,976円 + 24,043円(初期費用) − 20,743円(初期費用割引) = 75,276円

2年間のトータルの場合、GMOとくとくBBが約6,000円安く使える計算になります。

以上から、2年間のトータル金額で考えればGMOとくとくBBが、WiMAX2+で最もおすすめのプロバイダということになります。ただし、GMOは2年以内に解約した場合の契約解除料が高いので、ポケットwifiの利用期間を考慮して選択しましょう。 >> WiMAX2+のプロバイダ比較表に戻る

Y!mobile Wimax 比較