Y!mobileとWiMAXどっちがいい?2019最新比較

Y!モバイルとWimaxの比較
< 2019年8月1日 最終更新 >

ポケットwifiの主な通信方式は2つ。「LTE」と「WiMAX」ですね。
Y!モバイルでLTEが採用されているので、
「Y!mobile(LTE)」と「WiMAX」という比較でよく説明されます。

ちなみに、emobile(イーモバイル)は2014年8月からブランド名を「Y!mobile(ワイモバイル)」に名称変更しました。Y!mobile = 旧イーモバイルです。

Y!mobile
(ワイモバイル)
WiMAX2+
(ワイマックスツープラス)
最大通信速度
(下り)
最大 約110Mbps[切り替え済みのエリア]
Wimax2+ 220Mbps
Wimax 13.3Mbps
[まだ切り替えしていないエリア]
Wimax2+ 110Mbps
Wimax 40Mbps
通信エリア主要都市99%
全国95%
WiMAX2+
順次拡大中
WiMAX
主要都市99%
全国94%
エリア状況
速度制限1ヶ月10GBまで
1日366MBまで
制限を解除するには従量課金(500MB 500円)
1ヶ月7GBまで
ギガ放題で制限解除できる
ギガ放題は+月700円程(月ごとに切り替えも可能)
電波特性屋内通信に強め屋内通信に弱め

>> Y!mobile・WiMAX2+ 人気プロバイダの比較表はこちら

WiMAXは、従来のWiMAXサービスを徐々に縮小させ、WiMAX2+を拡大しています。
WiMAX2+は都心部をほぼカバーしていますが、郊外では現在進行形でエリアを拡大中です。 WiMAX2+を使えないエリアでは、WiMAXへの接続に切り替えできます。

Y!mobileは1ヶ月10GB、WiMAX2+は1ヶ月7GB以上の利用で、
通信速度に制限がかかり高速通信できなくなります。(詳細は後述)

料金の比較

Y!mobileとWiMAX2+のポケットwifiの料金はプロバイダのキャンペーンによりますが、
Y!mobileは安いもので月額2,700円前後、高いところで月額3,800円前後で利用できます。
WiMAX2+はどこで契約しても大体月額3,700円前後となっています。

さらにキャッシュバックやタブレット端末などの特典がつく場合があります。

プロバイダごとの料金についてはページ下部の比較表を参考にしてみて下さい。
「料金が安く、なおかつ安心して使えるところ」から選ぶのであれば、
ページ下部で紹介している6つの中から選べばまず間違いありません。
現在発売中のポケットwifiをお得に使えるプロバイダをまとめています。

通信速度はどっちが速い?理論値と実測値の比較

回線スピードの理論値は、WiMAX2+の方が速いです。
ただし、Y!mobileに屋内通信での優位性があります。
電波の性質上、Y!mobile(LTE)の方が建物の奥まで電波が回り込みやすいのです。
ただ、通信速度に関しては通信する場所によるところが大きいのが現状です。

インターネットのヘヴィユーザーには大事なポイントですが、
通信する場所にも左右されますし、普通に利用する程度であればさほど気にならない違いです。

Y!mobileWiMAX2+
下り最大速度約110Mbps約220Mbps
電波特性屋内通信に強め屋内通信に弱め

Y!mobileでも通信方式とエリアによっては最大速度(理論値)がさらに高いものがありますが、
ネットゲームなどのヘヴィユーザーでなければ気にする必要はないでしょう。
一般的に通信機器の説明で「最大速度」と表示されている速度はあくまで理論値で、
これは「すべての環境が完全に整っている場合に理論上導き出される数値」です。
普通の利用環境でこの速度がでるわけではありません。

Y!mobile(ワイモバイル)はどんな人におすすめ?

ワイモバイルLTEには通信制限があります。(WiMAX2+にも通信制限があります。詳細は後述)
たくさんネットを使いすぎると、ネットの速度が遅くなるのです。
具体的には、1ヶ月10GB以上、もしくは1日366MB以上利用すると、
通信速度が遅くなってしまいます。(端末によっては1ヶ月7GB・3日間1GB)

1ヶ月10GB10GBを超えたら月末まで制限
1日366MB366MBを超えたら当日の21時~翌2時まで制限(計測は8時〜翌日8時までの24時間)

10GBというのは、HD画質(720p)のYoutube動画を16時間見るほどの容量です。
366MBが具体的にどのくらいの容量かというと↓
ウェブサイト1ページの容量を1MBと考えて(平均すると大体このぐらいです)、
少なく見積もっても1日に約360ページ以上は閲覧できる容量です。

普通のウェブサイトを見るよりYoutubeなどで動画を見るのは通信容量を使うので、
オンラインゲームのユーザーや動画の閲覧が多い方は注意が必要です。

そのかわりワイモバイルLTEは、WiMAXに比べて屋内に強いという特性をもっています。
LTEは、WiMAXと比較して障害物に強く、建物内で受信しやすいという特徴があります。

WiMAXの場合は、ビルの中だとつながりにくいということがあったり、
カフェなどにいって窓際の席でないとネットが繋がらないということがあります。
Y!mobileも万全ではありませんが、WiMAXよりは屋内でのネット接続がしやすいのです。

【Y!mobileはこんな人におすすめ】

  • WiMAX2+ほどの高速通信は必要ない
  • 月額料金をできるだけおさえたい
  • Yahoo!プレミアムのアカウントを持っている(詳細は後述)
  • 出先のカフェやビルの中などでネットをする予定の人

WiMAX(ワイマックス)はどんな人におすすめ?

WiMAX2+にも通信速度制限があります。WiMAX2+の場合は1ヶ月7GBです。
1ヶ月10GBのY!mobileよりも少なめですね。

しかし、ギガ放題というオプションをつければ通信速度制限を気にせず使えます。
ギガ放題は、プラス月額700円程で利用することができます。

  • 通常プランでは1ヶ月で7GB以上使うと通信速度制限がかかる
  • ギガ放題(月700円程)をつければ1ヶ月辺りの通信制限なしに

ギガ放題は、Flatツープラス(3,700円前後)に月700円ほどプラス。
合計すると月額4,400円前後になります。
月ごとにギガ放題のプランを切り替えることもできます。つまり、ネットの利用量が多そうな月だけギガ放題にするということもできるわけです。

ギガ放題の注意点

ギガ放題は月あたりの速度制限はありません。ただし、3日間辺りの速度制限があります。
3日間で通信量が10GBを超えると、通信速度が遅くなります。この点は注意しましょう。

2017年2月2日の改定で、3日間の通信量が3GB→10GBに緩和されました。
3日で10GBを超過するとすぐに通信速度が遅くなるわけではなく、
合計で超過した翌日の「18時〜翌2時」の夜間のみ、通信速度が遅くなります。
通信速度が制限されてからの最大通信速度は「YouTubeの標準画質レベルを視聴できる程度(約1Mbps)」です。 なにもできなくなるほど遅くなるわけではありません。
>> 通信容量10GBってどのくらい?

また、auのスマートフォンを利用している人は、
利用しているauスマートフォンの月額利用料金がKDDIにて最大934円値引きされる特典もあります。

【WiMAXはこんな人におすすめ】

  • auのスマホを利用している(KDDIで最大934円割引)
  • WiMAX2+の高速通信(下り最高220Mbps)を利用したい
  • ギガ放題で1ヶ月辺りの通信制限を気にせずに利用したい

Y!mobileとWiMAXの比較総評

動画やゲームなど、大容量の通信で高速通信サービスが必要な方には、
ギガ放題で月間通信容量を気にせずにネットが楽しめるWiMAX2+がおすすめです。

逆に、メールのやりとりや一般的なウェブサイトの閲覧が主な利用目的であれば、
Y!mobileがおすすめです。
1日大体360ページ以上のウェブサイトを見るかどうか、
あるいは、オンラインの動画サービスをよく利用するかどうかを考えてみてください。

利用用途が生活レベル・仕事レベルで、
1日に何時間もポケットwifiを使ってネット接続する予定の場合は、WiMAXがおすすめです。
自宅でも外でもネットを使うのであればWiMAX
家には固定の光回線などがあって、外でポケットwifiを使う程度であればY!mobile
といったところです。

Y!mobileとWiMAXのキャンペーン比較

ポケットwifiは回線事業者とプロバイダをセットで契約します。
光回線などのように、プロバイダ料金が別に発生するわけではありません。
下記の料金は、回線料金とプロバイダ料金込みの料金です。

そして、契約するプロバイダによってキャンペーンや月額料金が異なります。
どこのプロバイダと契約しても通信サービス自体は同じものを利用することになるので、
月額料金や特典の内容を比較して、自分にあったところと契約すると良いです。

以下に、お得かつ安心して使えるプロバイダをまとめておきました。

Y!mobileWiMAX2+
1位 Yahoo! Wi-Fi
月額料金:1,980円
GMOとくとくBB
月額料金:3,609円
最大35,000円キャッシュバック!!(2019年8月1日から)
2位 Y!mobile(公式)
月額料金:3,696円
BIGLOBE WiMAX
月額料金:3,695円~
キャッシュバック+値引き特典 最大68,570円
(2019年9月30日まで)
3位 UQ WiMAX(公式)
月額料金:3,696円
最大13,000円キャッシュバック
(2019年7月1日から)
Y!mobileWiMAX2+
最大通信速度(下り)最大 約110Mbps[切り替え済みのエリア]
Wimax2+ 220Mbps
Wimax 13.3Mbps
[まだ切り替えしていないエリア]
Wimax2+ 110Mbps
Wimax 40Mbps
通信エリア主要都市99%
全国95%
WiMAX2+
順次拡大中
WiMAX
主要都市99%
全国94%
速度制限1ヶ月10GBまで
1日366MBまで
制限を解除するには従量課金
(500MBで500円)
1ヶ月7GBまで
ギガ放題で月の制限解除
ギガ放題は+月700円程(月ごとに切り替えも可能)(ギガ放題にしても3日10GBの制限はあり)
電波特性屋内通信に強め屋内通信に弱め
(月額料金の表示は税抜き価格)

Y!mobileのおすすめはYahoo!かY!mobile公式の二択となってしまいますが、
ご覧の通り、WiMAX2+よりもY!mobileの方が安く利用できます。
その代わり大容量のやりとりをすると、上述の通信速度制限にひっかかってしまいます。

WiMAX2+にも通信速度制限がありますが、ギガ放題(月に700円程)の追加で月辺りの制限が解除されます。 ポケットwifiの利用用途にあわせて選択しましょう。

月額料金では、Yahoo! JAPANのポケットwifiが業界最安値級になっています。
軽量・コンパクト設計の新登場端末601ZTを、月額料金1,980円で利用することができます。
この場合、高速通信可能なデータ容量は月間1GBまでです。
3年単位の契約(自動更新)となり、契約期間中の解約などには契約解除料9,500円かかります。

WiMAX2+では「GMOとくとくBB」が月額料金・特典内容ともに充実しています。
GMOがお得なキャンペーンを張っているので、WiMAXの場合は迷う余地がほぼありません。